料理に水素水を使ってみよう 

普段料理にはどんな水を使っていますか?多くの人は普通の水道水ではないでしょうか。実は水素水を料理に使う事で普段以上に素材の味が引き立って、もっとおいしく料理を作る事ができるのです。

料理

・野菜がもっとシャキシャキしてくる

水素水を料理に使う事で得る事ができる利点の一つ目は野菜がシャキシャキになる事です。料理をしようと思った時に野菜がくたびれていたら煮込むしかないかな、と思う人も人も多いでしょう。
しかし、水素水を利用して料理をすればそんな元気のない野菜もシャキシャキになります。これなら炒め物もおいしく作る事ができるのです。

・お米の出来上がりも違う

また古くなってしまったお米に対しても効果があります。水素水を使いお米を焚いてみるとふっくらと出来上がります。お米は古くなってしまうといくら品質の良いお米でも焚いてみると硬い芯のようなものが残る事があります。

しかし、水素水を使って焚く事によりふっくらとして新米のように柔らかくてコシと弾力があるお米が炊き上がります。

・煮物にも使える

煮物に水素水を使う事で得る事ができる効果もあります。具材に煮汁がしみ込みやすくなりますし、薄い味でもしっかりとした味が付きます。健康にいい料理ができると言えます。

・水素が料理に使える理由

水素は今ある物質の中でも最も小さい分子ですから、油や水の中にも入り込む事ができるのです。ですから料理に使うとよりおいしくできるのです。ちなみに水素水を使う時には高濃度の方がいいでしょう。

・水素水を選ぶ時に重要な事

一番重要になるのは水素水の濃度です。水素濃度には気を付ける必要がありますが、特に重鎮時水素濃度とお届け時の水素濃度に注目します。重鎮時水素濃度と言うのは水素を水に溶け込ませた時の濃度の事ですから、家に届く時にはその濃度は落ちている可能性があります。

したがって水素水を購入する時に重要な事は重鎮時の水素濃度ではなくてお届け時の水素濃度を考えておく必要があるのです。選び方としては重鎮時の水素濃度が高いほど、家に到着する時の濃度も高い事になる事を知っておきましょう。

・水素水生成器とアルミパウチ型の水素水

水素はすごく抜けやすいのが特徴になりますから、水素水として販売しているペットボトルや缶はやめておきましょう。アルミパウチ型のものがいいです。もしくは、水素生成器の場合にはペットボトルでもかまいません。1日や2日程度の事で急激に水素が抜ける事はありません。

水素を作ってから数日中に飲むのであればそんなに心配しなくても大丈夫と言えます。

・信用できるメーカーなのか

信頼できるメーカーかどうかは購入の際に重要である事は言うまでもありません。販売ページを見て充電時水素濃度の記載をしているか、出荷時の水素濃度の記載をきちんとしているのかも確認しておきましょう。

水素水にはたくさん種類がありますが、高濃度の水素水としてお勧めはセブンウォーターです。セブンウォーターの場合には充珍事の水素濃度が7.0ppmです。これはトップクラスの水素濃度という事ができます。

料理をいつも以上においしくするためにも水素水の利用を考えてみるといいでしょう。